活動分野 フリースペース/居場所 親の会/家族の居場所 民間相談機関 その他
その他の
活動
1、仕事さがし・仕事おこし あゆみ書店・あゆみ仕事企画(ポスティング、出張パソコン、版下制作・印刷)2、訪問サポート、3、情報集め・情報提供活動 4、居場所(当事者の会)5、文通仲介(文通用個人情報誌「ひきコミ」の編集・発行
団体名 不登校情報センター
郵便番号 124-0024 地域ブロック 東京

所在地

東京都葛飾区新小岩2-3-11-503
電話 03-3654-0181  FAX 03-3654-0979
E-mail
ホーム
ページ
http://www.futoko.co.jp
最寄
交通機関
JR総武線「新小岩」
代表者名 松田 武己
設立年月日 Sep-95 法人の種類 任意団体(NPO法人申請中)
法人認証
年月日
所轄庁
設立趣旨 不登校、高校中退、引きこもりの人と家族に関係するさまざまな問題の相談を受け、支援できる方法を考えるボランティア団体、NPO申請中です。とくに引きこもり経験者が社会の一員として生活できる条件づくりに力を入れます。
方針・特色 相談室―土日曜を含む毎日相談できます(予約制)。情報提供―不登校・引きこもりに関する対応機関の情報入手と情報提供(案内書無料配布、情報出版物の編集、進路相談会の実施、ホームページ上に検索サイト掲載)、居場所―引きこもり経験者によるいくつかの自主グループの設立、支援(特に友人づくり)、親の会―親の交流会、学習会の定期的な開催。仕事おこし―引きこもり経験者の集団SOHO的な「あゆみ仕事企画」の開設と事業化。文通―文通による対人関係づくりの支援
活動内容 引きこもり経験者が社会の一員として生活できるようになるために「収入につながる」取り組みを開拓することが重点の一つ。あとは対人関係づくり、コミュニケーション力の回復…など。
メッセージ とくに20代以上の引きこもり経験者にとっては、月額500円の会費で自分の居場所、自分のやりたいことを見つける場です。そこで自分の「収入につながる」方法をつくりだすため、参加して下さい。
利用者の声
活動形態 通い その他:訪問、文通
活動日 土・日・祝日を含む毎日 活動時間 13:00~19:00
対象年令 小学生~40歳代まで 在籍者数 通所者実数(1ヶ月単位)60名~70名
受入条件 特になし 受入時期 特になし
会費・
利用料
会費年6,000円。参加費がその都度で親の会は500円。 運営体制 常勤1名、非常勤7名、ボランティアスタッフ
取得可能
資格
主な進路 高校(全日制・定時制・通信制など)への進学。各自の判断で就職。自分のできることで収入を得ていく。
発行通信等 会報(個人情報誌)「ひきコミ」特別号(月間300円)(会費に含まれる) 関連
支援団体
いくつかの教育団体から、物資支援などをしていただいています。
見学方法 予約により自由。 見学時間 毎週金曜日午後の、当フリースペース(参加費500円)
相談方法 予約。 相談
受付時間
土日曜を含む毎日/10:00~20:00ごろまで
相談料 5,000円(会員外)、3,000円(会費)、1,000円(当時者)
備考


titleimage
▲ページのトップへ戻る


(C)Copyright 21世紀教育研究所, All Rights Reserved.