不登校の居場所づくりを考えるセミナー&おしゃべり会開催

下記をクリックしてくださいチラシが開きます。
160326.pdf

子ども達は、それぞれ個性・気質・能力に合わせて、個別的な教育支援を受ける権利を有しています。しかし今、不登校の子ども達は、戦後60年続いている保守的な硬直的な、学力至上・集団的効力絶対主義の学校システムにあわせる事に大きなストレスを感じ、自らの生命を守るために緊急避難としての不登校に追い込まれています。
学校とは本来、子ども一人ひとりの内なる能力を見つけ出しそれを天まで伸ばすこと、そして全ての子どもを笑顔にする場所であるはずだと思います。

第一部:「なぜいま多目的学校が必要なのか」
演 者:森 薫 家族支援メンタルサポート協会理事長
第二部:「おしゃべり会」
    子どもとの関係、夫との関係、学校との関係などお互いの困り感を出し合えば、気づくことがあります。モヤモヤした気持ちを一緒に吐き出しませんか。
家族カウンセラーやコーディネイターがファシリテートいたします。

主 催:一般社団 家族支援メンタルサポート協会
共 催:NPO法人 21世紀教育研究所

日 時:2016年3月26日(土) 13:00~16:00
               12:30受付開始
会 場:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-8-2
    代々木高校 東京本部
定 員:40名
参加費:無料

問合せ・受付
代々木高校 東京本部
電 話:050-3535-2797
メール:info@yoyogi.ed.jp
Line@:@yoyogi-hs