高校中退・退学 かけこみ相談

順調に行っていたはずの高校生活、しかし出席日数が足りない、試験の点数が足りない、など様々理由で進級が出来ない。
または、突然の退学処分を受けてしまった。

「こんなはずじゃなかった」
後悔するより、まずアクションを!

知っていますか、「転入」と「編入」の違いを。
転入は、高校に在籍した状態で次の高校へ移る事。
編入は、高校を一度辞めてしまい、一日以上の高校在籍に空白がある状態から次の学校へ移る事。

転校(転入)は一年中いつでも可能ですが、中退の受け入れは、「編入」と呼ばれ4月および学校によっては10月二回の時期しかありません。

まず、退学届を出してしまう前に専門機関に相談しましょう。
そもそも、今の学校はどうして選んだの?
何を求め、何のための進学だったの?

思春期の大事な一年を棒に振る前に、せっかく訪れた「リセットのチャンス」と前に向きにとらえ、しっかり反省すべきところは反省し、目的、目標を定め、それに合った転校をしましょう。

やけにならずに、まだ10代の社会の予行演習の時期やり直しなんて当たり前、今後の後悔しない人生を送るための転校のお手伝いをします。
何なりご相談ください。

hs.sodan@gmail.com


そもそも、高校卒業の仕組みってどうなってるの?

1、高校に3年間以上在籍する事。
2、74単位以上修得する事。

まず、高校へ3年以上在籍とは、転入、編入した場合すべての高校在籍を足した期間です。

74単位以上は、学年制を引いた学校では理解しにくいかもしれませんが、一教科ずつ単位が決められ3年間で修得できるよう時間数を割り当てています。

したがって本来、一教科その年に単位を落としても翌年その教科を再履修すればいいのですが、学年制ではその授業時間を割り当てることが出来ません。
学校により1~3教科単位を落とした者は再履修ではなく、「留年」をさせ取れていた教科も併せて再履修させているのです。

「単位制」の学校には、本来留年の概念がありません。
単位を落としても3年までは進級し74単位修得し終った段階で卒業となります。

hs.sodan@gmail.com

高等学校卒業程度認定試験は、様々理由で高等学校を卒業できなかった者等の学習評価を適切に評価し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力がるかどうかを認定する試験です。合格者は大学・短大・専門学校の受験資格が与えられます。また、高等学校卒業者と同等以上の学力がある者として認定され、就職、資格試験等に活用できます。(文科省HPより)

とあるように、「学歴」ではなく高校卒業者と同等ですと言う「認定」です。

まず、18歳年齢を過ぎなければ合格してもこの認定は利用できません。

10歳代で高卒認定試験と、転編入で悩んでいるとすると断然適切な高校を選んだ方が有利です。
20歳代以上であれば高校卒業までの時間と、高校卒業認定試験全教科合格までの時間がどの程度か、あなたの学力と相談して下さい。
または、苦手教科を高校で科目履修しその他の教科を高卒認定試験で合格する方法もあります。(注意・科目履修できる高校は限られています)

「高卒認定試験」気になる合格率と進路を考えてみよう
ます、出願者と合格者から合格率を出してみると。
約33%
合格後の進学実績は
約45%
と言う結果が出ました。

33%の合格者の内進学をした者は45%
つまり、15%の人しか「学歴」は手にしていない訳です。

また、受験者を見てみると86%の人が高校等中退もしくは在籍です。
高校は3年間在籍しなければなりませんが、前籍校の期間もカウントされます。
つまり3年間高校へ在籍しなくても前籍学校の不足期間だけ在籍すればいい方がほとんどです。
この場合注意しなければならないのは、出席日数と思われがちですがあくまでも在籍期間です。出席していなくても在籍していたかどうかです。

一発試験て「認定」を狙うより、高校卒業資格の「学歴」を取った方が有利ではないでしょうか。

hs.sodan@gmail.com

相談

現在準備中です。