不登校の居場所づくりを考えるセミナー&おしゃべり会開催

下記をクリックしてくださいチラシが開きます。
160326.pdf

子ども達は、それぞれ個性・気質・能力に合わせて、個別的な教育支援を受ける権利を有しています。しかし今、不登校の子ども達は、戦後60年続いている保守的な硬直的な、学力至上・集団的効力絶対主義の学校システムにあわせる事に大きなストレスを感じ、自らの生命を守るために緊急避難としての不登校に追い込まれています。
学校とは本来、子ども一人ひとりの内なる能力を見つけ出しそれを天まで伸ばすこと、そして全ての子どもを笑顔にする場所であるはずだと思います。

第一部:「なぜいま多目的学校が必要なのか」
演 者:森 薫 家族支援メンタルサポート協会理事長
第二部:「おしゃべり会」
    子どもとの関係、夫との関係、学校との関係などお互いの困り感を出し合えば、気づくことがあります。モヤモヤした気持ちを一緒に吐き出しませんか。
家族カウンセラーやコーディネイターがファシリテートいたします。

主 催:一般社団 家族支援メンタルサポート協会
共 催:NPO法人 21世紀教育研究所

日 時:2016年3月26日(土) 13:00~16:00
               12:30受付開始
会 場:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-8-2
    代々木高校 東京本部
定 員:40名
参加費:無料

問合せ・受付
代々木高校 東京本部
電 話:050-3535-2797
メール:info@yoyogi.ed.jp
Line@:@yoyogi-hs

2016年度「17歳の弟子入りプロジェクト」

インターンシップ「17歳からの弟子入りプロジェクト」実施概要

企画概要(下記クリックください)
2016.pptx

1 趣旨
生徒の職業観の醸成および高等学校におけるキャリア教育の推進を図る。

2 実施概要
(1) 主催:特定非営利活動法人21世紀教育研究所

(2) 受入事業所:(昨年実績 16事業所、48名参加)
・大和ハウス工業株式会社グループ(住宅・建設)
・株式会社ベネッセスタイルケア(介護)
・株式会社フューチャー・デザイン・ラボ(ビジネス・人材採用コンサル業)等(予定)
(3) 対象:高校1年生~4年生
(4) 定員:30校 、100名程度
(5) 実施時期:2016年7月19日(火)~8月31日(水)
(6) 実施期間:上記期間のうち、3~5日間(※受入事業所による)
(ア) オリエンテーション(2時間半程度)
(イ) インターンシップ(1~6時間程度/※受入事業所による)
(ウ) 事後学習(2時間程度)
(7) 参加費:無料(交通費、昼食代支給予定。保険料別途)
(8) 保険:学校毎にて加入。※
※(財)産業教育振興中央会のインターンシップ・ボランティア等体験活動「賠償責任保険」「傷害保険」、または「レクリエーション保険」等

3 申込方法
(1) 専用のエントリーシートに記入
(2) 用紙を全員分回収後、NPO法人21世紀教育研究所宛に郵送。

4 実施スケジュール

3月末 エントリー締め切り
4月上旬 生徒配布用チラシ配布
5月上旬 詳細チラシ配布
6月下旬 生徒申込締め切り
7月上旬 インターンシップ先の決定・通知
7月中旬 オリエンテーション
7月19日~
8月31日 インターンシップ
8月下旬 体験発表会

5.お問い合わせ
特定非営利活動法人21世紀教育研究所 (担当:荻野・石川)
所在地:〒106-8541 東京都港区六本木6-4-1 六本木ヒルズハリウッドプラザ内
電話:050-5754-3597   E-mail:info@edu21c.net

(講演会)「不登校」を考える!発達障がいの子どもの課題を含めて

年々、不登校になってしまう子どもたちが増加しています。この中には発達障害の子どもたちもいます。こうした発達障害の子どもを含め、不登校はなぜ起きてしまうのでしょうか。建て前ではなく本音で、その理由を考えてみませんか。子どもたちの未来を考えるために。

概要
開催日時:2016年3月13日(日)13:00~16:00
会  場:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-8-2  代々木高校 東京本部
会  費:無料

第一部 講演:「不登校」を考える!!
~発達障害の子どもの課題を含めて~(90分)
   渋谷区子ども総合支援センター チーフアドバイザー
         阿久澤 栄 先生
第二部  代々木高校の実践 (30分)
第三部  個別相談

阿久澤 栄 先生 プロフィール
渋谷区子ども総合支援センター チーフアドバイザー
東京学芸大学教育学部卒、 専門は特別支援教育、不登校。
神奈川県鎌倉市立小学校教諭時代11年間特殊学級で自閉症を中心とした障害児への指導。国立特殊教育研究所にて情緒障害児の専門研修を受講。
神奈川県教育委員会にて、特殊教育課指導主事、障害児教育課課長、学校教育担当部長、知的障害養護学校校長、玉川大学大学院教育学研究科教授を歴任。

著書
「特別支援教育は特別なの?」玉川大学出版ほか多数

NPO法人 21世紀教育研究所主催

共催:代々木高等学校
問合せ申込先

TEL:050-3535-2797
e-mail:info@yoyogi.ed.jp

下記クリックしてチラシを表示
20160218.pdf